スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

奈良の大仏〜柿食えば鐘が鳴るなり東大寺〜

「先生、ちゃんとブログ更新しなきゃダメですよ。」

先日廊下で授業に行ってないクラスの子に言われました。本当にありがとうございます。このブログを見てくださっているみなさん、更新が大変に遅れてしまい申し訳ありません。

生徒のみなさんだけでなく、一般の方からもコメントをいただくことも多くて、本当に励みになります。本当にありがとうございます。

なかなか更新がままならないときもあると思いますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

さて、今日はですね、まず一句読ませていただきます。

「柿食えば 鐘が鳴るなり 東大寺

・・・。

・・・んん?なんか、変。

そうですよね(^^)やっぱこれでしょ↓
「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺

この超有名な俳句は、明治時代に俳句の世界に革命を起こした正岡子規(まさおかしきの歌。いや〜なんか情景が浮かびますねぇ。柿食ってたら、こう、「ゴーン」と法隆寺の鐘が鳴る・・・。そういやそろそろ柿がおいしい季節・・・。

この鐘が東大寺だったらどうでしょ?一回音読してみてください。

・・・。どうです?やっぱ法隆寺の方がよくないですか?

これね、実は正岡子規が聞いた鐘の音は東大寺なんです。だけど何か響きがおかしいから、法隆寺で聞いたことにして書き変えたんと。

↓と、いうわけで今日は東大寺です。

↓正岡子規の聞いた東大寺の鐘。今も設置されてるんですよ〜。

↓天才がインスピレーションを湧かしたのはこの鐘なんですな。

いや、実際法隆寺でも鐘の音聞いたんですよ。だけど、俳句が浮かんだのはこの鐘だったんですね。

東大寺は奈良時代の文化である「天平(てんぴょう)文化」を代表するお寺です。

そして東大寺といえば、
↓はい、大仏です。

↓「ぬ〜ん」


東大寺の大仏は、聖武(しょうむ)天皇のが743年に出した「大仏造立の詔」という命令に従い造られました。正式名称は「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」といいます。

当時は天然痘がはやったり、政権をめぐり骨肉の争いが起きたり、はたまた「藤原広嗣(ひろつぐ)の乱」という反乱が起きたり(740年)…と、大変おだやかじゃない状況だった。

そこで聖武天皇、「こんなに国が乱れているのは、わしが仏教を信仰しないからや〜!」と、国家のリーダーが仏教を信仰すれば国が平和になるという思想、「鎮護国家思想(ちんごこっかしそう)にハマっていきます。

そしてまず741年に「国分寺建立の詔」という命令を出して、国中にお寺をつくりまくった。このとき造られたのが「国分寺」で、尼さんのお寺が「国分尼寺」。

続いて743年に大国家プロジェクトとして、大仏をつくる命令を発したわけです。

といっても、大仏つくるのには人と金が必要なわけで。当時は農民を酷使して税をとっているんですが、ただでさえ重労働で働かせてるのに、大仏造るから手を貸せと言ったところで納得しない。

そこで聖武天皇は農民に人気だったお坊さん「行基(ぎょうき)」に目をつけ、彼を工事責任者にして農民たちを動員することに成功しました。

さらに743年に、「新しく開墾した田んぼはず〜っとあなたのものですよ〜。ただし税の米(これを租[そ]といいます)は払ってね〜。」という命令、「墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)」を出しました。

当時農民たちは、生きている間だけ口分田(くぶんでん)という田を国から貸してもらい、そこを耕して租を納めていたんですね。でもこれじゃやる気がでなかった。

そこで、開墾した田は永久に自分のもの、私有地にしていいという法をつくった。これはうまくいった。どんどん税収入が増えていき、大仏完成に大きくプラスになりました。

そして完成したのがこの大仏なわけです。


ちなみにこの大仏、長い時代の間に放火や災害で焼け落ちたりして、何度も再建されてます。頭の部分は江戸時代、胴体は鎌倉時代の再建です。

ではこの奈良時代に創建されたときの部分は残っていないのか??

実は、残っているのはこの部分!

↓・・・??


なんじゃこりゃ?と思われたと思うんですが・・・(^^)これはですね、大仏の台座にある「蓮弁(れんべん)」です。蓮の花びら。これは創建当時のものだそうです。

長い歴史を経て、現在も観光名所として安置される奈良の大仏。創建当時の国家の状況を踏まえて見てみると、ちょっと違った表情に見えてきます。


東大寺  奈良県奈良市









宇佐八幡宮神託事件〜キタナマロはないやろ、キタナマロは〜

恋する女のウラミはこわいで〜。

奈良時代、ある怪しい坊主に恋をした女帝がいる。彼女の名は孝謙上皇(こうけんじょうこう)

彼女、病気がちだったのね。それでその病気をお祈り(?)で治してくれた坊主、道鏡(どうきょう)に恋してしまう。「はあ〜頼りになる彼♡」

プライベートで恋するのならまだしも・・・。ちょっとやりすぎた。何と道鏡は政治にもあれこれ口を出すようになっちゃった。

こいつぁいかん!政治は天皇家と政治家でやるもんじゃ!得体のしれん坊主が政治をおこなうなどあっちゃあならん!と、時の政治権力者で孝謙のいとこ藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)と、淳仁天皇(じゅんにんてんのう)が止めに入るが、恋に燃える孝謙は聞きゃ〜しない。

「うるさいわね!あんたたち!」

はい、淳仁天皇、引退させられます。そして孝謙上皇はもう一度天皇になりました。名を称徳天皇(しょうとくてんのう)と改めます。

「あかん・・・。このままじゃ朝廷は破滅じゃー!」藤原仲麻呂は道鏡を倒すため兵をあげる!(藤原仲麻呂の乱

が、失敗。殺される。

そして道鏡の好き勝手な政治が始まった〜!(これを仏教政治[僧綱政治]といいます)

道鏡は恋人の称徳天皇のおかげでどんどん出世していきます。

太政大臣」!どーん!「法王」!どーん!

そしていくとこまでいっちゃった。

大分に「宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)」という神社がある。↓ここです。


ここの神主がお告げを聞いた・・・。そのお告げとは、

「次の天皇は道鏡にすべきである!」だって。

「いやっほーい♡」と喜んだのは道鏡、そして称徳天皇。

「私の彼が天皇になる日が来たわ!」と嬉しくてしょうがない。まあ、彼氏や旦那が出世したらうれしいもんなんでしょ。今も昔もいっしょやわ。

しかしいくら何でも怪しい坊主を天皇にしていいもんか…?称徳もさすがに迷う。

なんせ彼女はあの奈良の大仏をつくった聖武天皇の実の娘。天皇家を守る責任感も強い。

「お告げは本当なのかしら・・・。そうだ!優秀な部下に本当かどうか確かめさせよう!」

そこでお告げの任命を受けたのが、和気清麻呂(わけのきよまろ)。極めて優秀な人物。

彼は宇佐八幡宮にたどりつき・・・お告げを聞いた。

祈祷師が神がかる!ああ!ほら!神が降りてきた!「か〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!」

・・・。

清麻呂、お告げを聞き、奈良へ帰る。

そして称徳と道鏡のもとへ。称徳、わくわく。「清麻呂!神様はなんて!なんて言ったの!(どうせ彼が天皇になるって言ったに違いないわ!)」

清麻呂「はい・・・。はっきり申し上げます。」

ごくっ・・・、

「お告げは、ウソでした。」

「天皇は古来より天皇家から出ており、今後も天皇家から出るべきであるというのが神の真のお告げです!」

・・・。

・・・。

・・・な・に・?

「ウソばっかり言ってんじゃないわよぅくらぁー!!!!」

「う・・・ウソじゃありません!」

「何いってんの!あんたなんか清麻呂じゃないわよ!あんたの名前は今からキタナマロよ!この!キタナマロー!」

「き・・・きたなまろ。」

和気清麻呂、名をキタナマロに改名され、大隅(おおすみ、今の宮崎県あたりへ流されます。

しかし恥をかいた道鏡は結局天皇になれず、称徳が死んだあと、下野薬師寺(しもつけやくしじ、今の栃木県)に左遷されました。ちゃんちゃん。

和気清麻呂がお告げを聞いた場所といわれるところへ行ってきました。
↓宇佐八幡宮の本殿から少し離れたところにあります。

歩いて行くと〜?

おお〜神秘的☆

階段を上がるのだ!


おおっ!あれに見えるは・・・。

どーん!「和気公之碑」ここで清麻呂はお告げを聞いたといわれているんですな。



悲惨なキタナマロ、称徳天皇が死んで次の光仁天皇(こうにんてんのう)が即位した後、都に帰ってきます。(もちろん名前は清麻呂にもどります)よかったね〜。

勇気をもって天皇に発言した人物、和気清麻呂。彼は天皇家を救った人物として特別に神社がつくられ、祀られています。
↓「和気公之碑」から少し行ったところにあります。


神社名は「護王神社(ごおうじんじゃ)」。いかにも天皇家を護ったって感じの神社名ですよね。



いや〜恋は盲目。そしてウラミや怖し・・・。

きをつけなはれや。


宇佐八幡宮  大分県宇佐市





1