スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

26聖人殉教2〜26人の1人ヨハネ五島〜

1597年、豊臣秀吉の命令により、長崎西坂で26人の宣教師とキリスト教徒が処刑されました。この事件を「26聖人殉教」事件といいます。

この26人のうち1人が五島出身者であること、ご存知でしたか?

彼の名はヨハネ五島。彼を記念している教会が五島にあります。

その教会とは堂崎教会。1908年に、ペルー神父によって建てられました。
 

レンガの一部はイタリアから持ってこられたものらしいです。ゴシック様式の美しい教会です。

もともとはこの場所には、1879年にマルマン神父が建てた小聖堂がありました。その場所にペルー神父が現在の教会を建てたんですね。↓(教会にある銅像。左がマルマン、右がペルー)

「どうもペルーです」

そしてこの堂崎教会、「日本26聖人殉教者聖堂」という別名があります。26人のうちの1人ヨハネ五島を記念して命名されたんですね。

教会の前に、ヨハネ五島の壮烈な最後を表した銅像が建っています。


堂崎教会は、五島のキリスト教布教の中心地でした。非常に重要な場所だったんですね。

五島にキリスト教信者はたくさんいたんですけど、1587年の豊臣秀吉のバテレン追放令、1612年・1613年に徳川家康が出した禁教令など、キリスト教の取り締まりが次第に厳しくなり、五島にいた信者は相当の弾圧を受けていきます。

しかし、1797年から大村藩の外海地方にいた信者が五島に移住をはじめて、信者は増大します。信者たちは仏教徒であるフリをしながら、必死に信仰を続けるんですね。隠れキリシタン

江戸幕府がつぶれ、明治に入って1873年、ようやく政府はキリスト教の禁止をときます。やっと信仰する自由が認めらたんですね。

五島にはこの堂崎教会の他にも、たくさんの教会があります。現在、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として、世界遺産登録に向けて取り組みがなされています。みなさんも1度キリスト教の文化に触れてみてはいかがでしょうか。

教会の近くには、おっ。白さが映えてます!何!?


はい、マリア像(**)☆

このマリア像へ進む階段は、平成19年につくられました(^^)


26聖人殉教地   長崎市西坂
堂崎教会  五島市奥浦町







スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL