スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

大仙陵古墳〜魚釣り禁止!・・・。〜

大仙陵古墳」(仁徳天皇陵。5世紀頃につくられた日本最大の前方後円墳であり、全長は何と486m。

ここ、宮内庁が管理してて、一般の立ち入りは禁止されてます。古墳のまわりにあるお濠を含めると面積は約46万平方m、周囲の長さは2718km!とんでもない大きさです。

ぐるっとまわってみました。ここが参拝堂の入口です。

進めや進め。

確かにお濠。

おお、正面まであと1kmじゃ。

鳥発見。

ん?


・・・。

はい、もうちょい、あと150m!

んで、とうちゃ〜く。ここが正面です!仁徳天皇陵は前方後円墳、ここはその前方後円墳の「方墳」の正面になるんですな。


この大仙陵古墳を中心にして、周囲には50基に近い古墳が確認されています。それらをまとめて百舌鳥(もず)古墳群というんですね。

スポンサーサイト

コメント

気になったので拝見させていただきました!
いかに大和政権(仁徳天皇)が権力を握っていたかわかる大きさですね。
実際に行ってみたいです。

  • jun
  • 2017/05/13 20:48

大仙陵古墳の大きさはその当時の大和朝廷の国力が充実していたことを示している可能性もありますよね?笑笑
少しコメントしてみました!

  • 変わり者
  • 2017/05/13 20:48
トラックバック
この記事のトラックバックURL