スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

26聖人殉教〜悲しみの大村湾、そして西坂〜

安土・桃山時代といえば、超メジャーな有名人、織田信長、そして豊臣秀吉

秀吉は信長と同じく、外国人宣教師が日本に来てキリスト教を広めることを認めていました。しかし、秀吉はここ長崎に来てびっくりしてしまいます。

何と、教会が立ち並び、外国人である宣教師が我がもの顔で歩いているではありませんか。ここは日本なのに外国か?という感じです。

当時、長崎の領主は大村純忠という人で、彼は敵が多く、ライバルからいつ倒されるかとひやひやしていたんですね。そこで純忠は、何と自らキリスト教に入り(キリシタン大名)、貿易の権利を得て、武器などを大量に輸入しました。そして長崎をキリスト教に寄進していたんですね。

何とかこの方法で今までライバルに倒されずにがんばってきた純忠だったのですが、秀吉はそんなこたあ知りません。「こんにゃろう!宣教師め、わしの国で何しちょるか!」ってな感じでしょう。

で、1587年、秀吉は「宣教師は日本から出ていけ!」とバテレン(宣教師)追放令を発令します。でも外国と貿易は続けたかったので(もうかるからね)外国人との付き合いは続きました。つまり「貿易は続けるけど、キリスト教の布教はダメよ!」というものでした。

しかも、キリスト教を個人で信仰することは認められてるんですね。さらに大名が信仰することも許可制ですが認めています。だからこの命令はあまり効果はなかった。

そんなとき、秀吉を本気にさせる事件が起きる。

土佐(今の高知県)に、イスパニア(スペイン)船のサン=フェリペ号が漂着した。秀吉の家来がこの船の乗組員に話を聞いたところ、とんでもないことを言っている。

「私たちスペイン人はネ〜私たちの信じているキリスト教をまず教え込んでネ〜私たちの言うことを日本人が聞くようにしてネ〜そのあと国を侵略して植民地にするのョネ〜」

キリスト教の布教は侵略のためだと言っている。秀吉の家来びっくり。「こいつらは油断ならん・・・」すぐに秀吉に知らせます。

秀吉は怒ります。そしてどうしたか。

1597年、6人の宣教師とキリスト教を信じる20人の日本人(うち最年少は12歳)とあわせて26人を捕まえ、長崎市西坂での処刑を決定しました。

彼らは鼻・耳をそぎ落とされ、見せしめのため大坂から長崎まで歩かせられました。1月10日出発。

2月4日、長崎県内に入り、彼らは東彼杵の大村湾↓にたどりつく。


大村湾彼杵港には船がつないであり、彼らはその船に乗せられて時津へとむかった。

↓東彼杵の彼杵港に立つ日本26聖人乗船場跡・・・
 
そして翌日2月5日、長崎の西坂へ。


最年少の12歳の少年は処刑寸前に信仰を捨てるよう説得されるが、断った。

長崎出身の13歳の少年は、泣き崩れる両親に、微笑みながら「泣かないで」となぐさめた。隣にいる神父に、「神父様、歌いましょう」と歌いながら槍で刺され、殉教。

26人は、ここ長崎の西坂で処刑された・・・

1862年、ローマ教皇はこの事実を知り、26人に「聖人」の称号を与え、26人は「26聖人」と称されることとなった。そしてこの事件は「26聖人殉教」と広くいわれるようになったのです。

信仰心の強さが死を超越している。改めて信仰というものの存在を考えさせられた。

ううむ・・・。

ちなみに、殉教者たちは耳をそぎ落とされた。そこでこのレリーフに注目してみると・・・
 
 ↑右耳はない!           ↑左耳はある!

ちょっと写真がわかりにくいかもしれませんが・・・実はそぎ落とされたのは片耳なんですね。これ何でかというと、秀吉は両耳をそげと言ったらしいんですが、秀吉第一の家来である石田三成が片耳だけにしてやれと少しでも犠牲を減らそうと努力したらしいんですね。

ちなみにこのレリーフは1962年、彫刻家の舟越保武さんがつくられたんですが、舟越さんがお亡くなりになった日は何とこの26聖人殉教の日と同じ2月5日だそうです!!

ここ西坂には26聖人記念館があり、中には江戸時代の禁教時代に守られ続けた「銅像弥勒菩薩半跏思惟像」や絵画「雪のサンタ・マリア」など、キリスト教関連の史料がたくさん展示されています!ぜひ1度、この迫害に殉じたキリシタンの「信仰」という強い想いに触れてみてください。


日本26聖人殉教地 長崎市西坂

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL