スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

一の谷の戦い〜義経様!ここマジで降りるんすか!〜

 「治承・寿永(じしょう・じゅえい)の乱。いわゆる源平合戦。

源氏と平氏が激突したこの戦い…みなさんもご存知のことと思います。

戦場で華々しく活躍した源義経。彼はこれまでの戦いのスタイルを大きく変えたといわれています。

と、いうのは、奇襲。背後から一気に攻める奇襲戦のスタイルをとったこと。

その代表的な戦いが1184年の1月、播磨(はりま)国(今の兵庫県)でおこなわれた一の谷の合戦

平氏を討つため、源範頼(のりより、入試的にはこっちが大事)・源義経は播磨国に入った。

平氏は一の谷に陣をしいており、源氏の様子をうかがっていた。一の谷は地形的に前面が海で、背後が絶壁の山。せまい海沿いで、源氏が攻め込むには東の道1本しかない。

平氏は防御の面では絶対の自信をもっていた。「来るなら来い!源氏の野郎ども!」

そこで源氏軍、二手に分かれます。範頼軍は東の道から平氏を攻める。そして義経軍は山を登り一の谷を目指した。



山間の道…左右は急斜面!

「義経様!もう少しで平氏軍が見えます!」

「日の光が…まぶしいのう」

さあさあ眼下に平氏軍がよく見える…しかしながらここは「鵯越(ひよどりごえ)」といわれる断崖絶壁!

「義経様!どうしますか?」

「この崖を…降りる」

「!!??」

「この崖を一気にかけおり、奇襲をもって平氏軍を打ち倒す!」

「義経様!そ…それはあまりにも無謀では!?あまりにも急斜面、馬で降りれるものでしょうか!?」

「無謀ではない。見ろ。鹿がこの崖を降りているではないか。鹿が降りれるのに馬が降りれぬわけはない。道理だ。ゆくぞ!」

「よ…よしつねさ…」

「いざ!皆の者!ゆけ〜い!!!」

「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」




「な…なにごとじゃ〜!!?」

「げ…源氏!源義経でございます!義経の軍にございます!」

「な…何と!この鵯越を降りてくるとは!」

「我は源義経!平氏軍よ!観念せい!」

義経と東から攻め込んだ範頼の挟み撃ちにより、合戦は源氏の大勝利となりました。

しかしながらこの「鵯越の坂落とし」実際にあったのか!?という感じで諸説あります。

しかし伝説とはいえ…歴史のダイナミックさを味あうにはいい場所です☆

しかしここ、ほんとうに崖です。

ガイドさんに許可をいただいた上で・・・「キャー」

いや、ほんとうに危ないんすよ。私の背中はガイドさんにつかんでいただいております。(絶対にマネしないように!)

激戦場一の谷…必見!!


一の谷  神戸市須磨区







スポンサーサイト

コメント

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2017/01/17 11:49

うわー!こんなに急なとこを降りていったん
ですか…先生が授業で断崖絶壁って
言ってたのでどれくらいなのかなーと
思ってたんですが相当じゃないですか!!笑

  • 幕末大好き人間
  • 2014/03/10 01:49

神戸の須磨区、風光明媚な地であり、源平争乱の地ですね。昔、訪れたことがあります。やはり、崖の上から平家の陣があった所を見て、足が竦みました。